食品添加物の使用目的カテゴリの記事一覧

食品添加物の使用目的

食品添加物の使用目的とは、、、

食品添加物の中に「甘味料」がありますが、
この、甘さに対しては人の欲求も関係しています。

甘いものは別腹。なんて言葉もあるほど、
甘いものは必要とされているのですね。

又、香りも食欲をそそる原因の1つになっています。
街を歩いていて、美味しそうな香りがすると
お腹が空いたりしますよね。

この「香り」という面でも食品添加物の使用目的は
あります。

甘みに対する人間の欲求は非常に高く、古来より様々な方法で甘みを得る努力がされてきた。

更に、食品を長持ちさせるためにも、保存料や
防カビ剤などの食品添加物の使用目的があるわけです。

食品添加物の必要性

食品添加物は、体に良くないとは知りつつも、、
食品添加物のお世話になっていることもありますね。

それでは、食品添加物の必要性とは何なのでしょうか。


1.食品の長期保存が出来る
2.食品の香りを良くする。
3.食品の腐敗を防ぐ。
4.時間をかけずに作れる。
5.コストを安く出来る。
6.食中毒を減らせる。
7.おいしそうな色を出せる。
8.加工食品などの色を復元できる。

などが挙げられるかと思います。

子供達が大好きなアメ玉などのお菓子。
様々な色や香り、味がしますが、これらは、香料などの
食品添加物がなければ出来ないものなので、
必要性もあるということなんですね。
タグ:食品添加物

食品添加物の使用基準

食品添加物の使用基準の設定には、食品衛生調査会という
ところで審議がされます。

基準となる案を出して、国際貿易機構で加盟国から
意見を集めた後に、厚生省へ答申されるという流れです。

食品添加物の使用基準の設定は、安全性を評価しなくては
いけないので、様々な最新技術を使って、試験が
行われています。

毒性試験や発ガン性などに対して試験を行って、
人に対して安全な量を決めています。

一生その食品添加物を食べ続けたとしても、毒性が
現れない量を定めているのが、使用基準のようですが、
私達には、あまり認識されていないところが
つらいところでもありますね・・・

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。