食品添加物の種類

食品添加物とは、日本の食品衛生法によると、
第4条第2項で「食品の製造の過程において又は加工若しくは
保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤その他の方法によって
使用するものをいう」と定義され種類や量が規制されています。

食品添加物と一言でいっても、日本では、
1500種類以上の食品添加物があります。

現在厚生労働大臣が認可している食品添加物だけでも、
356種類もあるというのですから驚きですね。

1948年に食品衛生法が施行された時は、食品添加物として
認可された化学物質はたったの60種類でしたが、
現在はその60種類の食品添加物に加えて、
着色料、保存料、酸化防止剤、甘味料など、年間では
約4KGもの食品添加物を口にしていると言われています。

恐ろしい数字ですが、食品添加物には、ADIという
数値を設けて、使用基準を定めています。

ADIとは、その食品添加物を一生食べ続けたとしても
人体に影響が見られない。という基準値です
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。