食品添加物_合成着色料

食品添加物の中から、合成着色料について。

合成着色料を食用に用いる場合は、食品衛生法で
指定されたものしか使用することはできません。

食用タール色素とそれ以外の着色料の2種類があります。

もちろん指定される原料については、十分な安全性評価が
されていて、添加できる量も定められています。

合成着色料は発がん性があるといわれています。

そういえば、小さい頃駄菓子を食べて舌に色が
ついていた記憶があります。

あれは、思いっきり合成着色料だったんでしょうね。

見た目でも食欲は変わるので、合成着色料で
本物に近い色をだしていたのでしょうね
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。