食品添加物_甘味料

次は食品添加物の中から、甘味料について。
甘味料とは字の通り、甘みをつけるためのものです。

甘味食品といって真っ先に思いつくのは砂糖ですが、
食品の品質劣化を防いで、保存性を高めるために、
最近では砂糖以外の甘味料も使われるようになりました。

食品添加物の甘味料として、一例を挙げると、
サッカリン、高甘味度甘味料:アスパルテーム、
サッカリンナトリウム、タウマチン、スクラロース、
ズルチン、アセスルファムK、ステビア抽出物、
カンゾウ抽出物、ソルビトール、キシリトール、
明日パルテール等があります。

食品には存在しない甘みを人工的に合成したものが
食品添加物の甘味料ということです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。