食品添加物_香料

食品添加物の種類の1つに香料というものがあります。

香料とは、食品の製造や加工の工程中に、
香気を付けるために用いられています。

天然香料・合成香料・調合香料などに大別されます。

香料の種類は非常に多く、コーヒーの香気成分で約800、
ストロベリーは妬く350もの種類があります。

指定添加物のうち100品目にも達する香料があるわけ
ですが、主に、清涼飲料水、菓子、などに使われています。

合成香料の原料として、石油から得られるエチレン・
アセチレンなどのほかに、精油より分離される
テルペン化合物や油脂より得られる脂肪酸などが用いられ、
これを化学反応させることにより合成香料を得ています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。