食品添加物の種類

食品添加物とは、日本の食品衛生法によると、
第4条第2項で「食品の製造の過程において又は加工若しくは
保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤その他の方法によって
使用するものをいう」と定義され種類や量が規制されています。

食品添加物と一言でいっても、日本では、
1500種類以上の食品添加物があります。

現在厚生労働大臣が認可している食品添加物だけでも、
356種類もあるというのですから驚きですね。

1948年に食品衛生法が施行された時は、食品添加物として
認可された化学物質はたったの60種類でしたが、
現在はその60種類の食品添加物に加えて、
着色料、保存料、酸化防止剤、甘味料など、年間では
約4KGもの食品添加物を口にしていると言われています。

恐ろしい数字ですが、食品添加物には、ADIという
数値を設けて、使用基準を定めています。

ADIとは、その食品添加物を一生食べ続けたとしても
人体に影響が見られない。という基準値です

食品添加物_合成着色料

食品添加物の中から、合成着色料について。

合成着色料を食用に用いる場合は、食品衛生法で
指定されたものしか使用することはできません。

食用タール色素とそれ以外の着色料の2種類があります。

もちろん指定される原料については、十分な安全性評価が
されていて、添加できる量も定められています。

合成着色料は発がん性があるといわれています。

そういえば、小さい頃駄菓子を食べて舌に色が
ついていた記憶があります。

あれは、思いっきり合成着色料だったんでしょうね。

見た目でも食欲は変わるので、合成着色料で
本物に近い色をだしていたのでしょうね

食品添加物_甘味料

次は食品添加物の中から、甘味料について。
甘味料とは字の通り、甘みをつけるためのものです。

甘味食品といって真っ先に思いつくのは砂糖ですが、
食品の品質劣化を防いで、保存性を高めるために、
最近では砂糖以外の甘味料も使われるようになりました。

食品添加物の甘味料として、一例を挙げると、
サッカリン、高甘味度甘味料:アスパルテーム、
サッカリンナトリウム、タウマチン、スクラロース、
ズルチン、アセスルファムK、ステビア抽出物、
カンゾウ抽出物、ソルビトール、キシリトール、
明日パルテール等があります。

食品には存在しない甘みを人工的に合成したものが
食品添加物の甘味料ということです。

食品添加物_保存料

食品添加物の一種、保存料とは、食品中にある微生物の
発育を抑制し、増殖するのを遅らせる作用のあるものです。

食品の保存性を高めるために用いられる食品添加物で
保存料の多くは、科学合成物質から出来ているので、
法律によって、規制がされています。

主にサラミやウィンナーなどの食肉製品、
菓子類および漬物など様々な加工食品に使われていますが、
豆腐や精肉などの生鮮食品に使われることはありません。

なお保存料を、動物実験で長期にわたり大量摂取させると
発癌性などの健康障害が生じることがあると
報告されたこともあります。

保存料は、もともと工業生産の分野で使われていたものを
食品に流用したものが多いために、危険性が高いとも
言われています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。